手づくりの外構・お庭 大阪 の庭屋です

お庭づくり関東園
・HOME ・施行例 ・ご相談から着工まで ・お庭のメンテナンス ・関東園の庭づくり ・お問い合わせ

吹田市O様 

最初レッドシダーとウリンで悩まれていましたが、耐久性やコストを考え、ウリン材に決定されました 基礎は90×90を束柱、根太共に使用。
フェンスの通し柱も90×90に。 最初は70×70の予定でしたが、出来上がりを見ると その重厚さや堅牢さにはっきりと違いが出ました。
床板も20mm厚も検討されましたが、30mmに決まりました。

通路が狭いので階段には踊り場を設け、デッキには点検口をつけデッキ下が収納スペースに。

ガレージは栗石と草のナチュラルなガレージに・・・・・・

O様より・・

*頼んで良かった点。
ウッドデッキはしっかりとした造りで家も引き締まってみえます。
駐車場はご提案して頂いた割り栗石での施工、ナチュラルな奮囲気で我が家にピッタリでした。 とても満足しております。ありがとうございました。

*気付いた点
デッキに勾配があった方が良いと思いました。(雨あがりに窓際が最後に乾きます)
次回の参考になれば・・・

(お客様アンケートより)  
O様、貴重なご意見ありがとうございます。床板には5mm程度の隙間があり水がたまることはないのですが、フラットの床板の場合表面の何処かが最後に乾きますので、家の反対側に勾配を取れば完全に防げることなので、今後参考にさせて頂きます。貴重なご意見ありがとうございます。


Copyright(c) 2016 kantouen All rights reserved.